太ももダイエットに影響する睡眠

よく眠ること、きちんと睡眠をとる事が、太ももダイエットをはじめとした下半身痩せに影響します。
睡眠が十分ではない、眠ってはいるけど質が悪い睡眠だと、体に疲労が蓄積されていきます。

睡眠のイメージ疲労が蓄積された結果、体の中の二酸化炭素量が増加し、体が酸素欠乏になった状態です。

人間の体は酸素が不足すると、それを補う為に、酸素の供給量を増やすために、血管を拡張し、血流量を増やします。

しかし、体内からの水分補給が間に合わずに、むくみといった症状がでてきます。
体がむくむと脚にも影響が出て、太ももをはじめとした下半身全体が太くなります。

睡眠に関係するものとしてホルモンがあります。
ホルモンは、ダイエットにも大きく関与していて、なかでも、成長ホルモンは寝ている間に分泌され、脂肪を分解する働きがあり、睡眠の質が大きく関係してくるのです。

質の良い睡眠を取るには半身浴をするなど、その日のストレスを残さないようにリラックスし、寝る少し前にストレッチして体の緊張を解いてから、布団に入るようにしましょう。

そして、睡眠時間をきちんと確保するためにも、早寝早起きは必須と思ってください。
毎日遅くまでゲームをしたりテレビを見て夜更かしすると、自律神経にも悪影響がでてきて睡眠不足になります。

また、自分にあった枕を選ぶことも大切です。
首がこらないように高さの合った枕を使い、快適な睡眠環境をつくることも大切です。

脚の疲れを感じたら、頭よりも、脚を高くして眠ると、脚に血液やリンパ液がたまりにくいので、むくみにくくなります。

このように、快適な睡眠を心がける事が、太ももをはじめとした下半身に大きく影響してくるのです。
きちんとした睡眠が、太ももダイエットをはじめとした下半身痩せに影響するという意味がご理解いただけましたか。

睡眠に関係するホルモンは、ダイエットにも大きく関与していて、なかでも、成長ホルモンは寝ている間に分泌され、脂肪を分解する働きがあり、睡眠の質が大きく関係してくるのです。

次へサイクリングのダイエット効果