ヨガで血行促進

ヨガのイメージ女性は冷え性で肩こり、むくみに悩んでいる人が多いですね。

廃棄物の塊であるセルライトは冷え性による血行不良で、太ももによく現れます。

自分の太ももにも老廃物の塊であるセルライトがたまっていると考えると、憂鬱になります。

セルライト対策には体を温めるのが効果的ですが、お風呂以外にも体を温める方法に「ヨガ」があります。

ヨガは呼吸を整えながら行なうので、ダイエット効果のほかには神経のバランスを整えると言われています。

ジョギングなどと違い、ゆっくりとリラックスして行なうので、年齢に関係なくできるのがヨガです。

また、ヨガはそれほど顕著な動きがないので、一見「こんなスローな動きで効くの?」と思う方も多いですが、冷え性を始めとした血行不良からくるトラブルに効果的です。

太ももが太くなる原因の一つである冷えを、解消するには最適なエクササイズです。
自宅でも少しのスペースがあれば、ヨガを行うことができますので、エステやスポーツジムに出かけるよりも簡単にできますね。

ヨガは呼吸が重要ですので、呼吸を間違わなければうまくいくと思います。
体にも精神的にも良いヨガで太ももダイエットを始めましょう。

次に、太ももに効果のあるヨガの方法を紹介しましょう。

  1. 初めに、両足を左側に寝かして座ります。
    上の左足を後ろに引き、前の右足の足裏で左足の膝から太もも辺りに付く感じになるまで足を引きます。
  2. 右手を右足の膝の部分に、左手を左足のつま先部分に置くようにして、上体を左に捻じります。
  3. 次に、右手を前に、左手側を後に前後に両手を開き、息を吐いたまま、左足を後方へまっすぐに伸ばします。
    左足は無理なく気持ちよく伸びるところまで延ばすようにしましょう。
  4. 目線を左方向に向くように姿勢を維持し、2~3回自然に呼吸をして下さい。
  5. 息を吸いながら元の位置に戻しましょう。
  6. 次に逆側も同じように行います。

次へ部分によって細くする方法が違う