ツボ押しで細くする

脚を細くするマッサージの一つにツボを刺激する方法があります。
マッサージは、筋肉を刺激してほぐし、血行がよくなり、新陳代謝が活発になります。

これをより効果的に生かすためには、脚のツボを知っておくとよいでしょう。
一般的にツボは疲労回復や痛みを取り除く時に使用されることがあります。

脚を細くする効果は、個人によりますが、効果はあります。
ツボは科学的な解明がされていませんが、ツボを押すことで脚が細くなった人がたくさんいることです。

これらの理由から、ツボを押すという行為は十分に脚やせ効果が期待できる根拠だと言えるのではないでしょうか。

脚を細くするツボはいくつかあります

「承扶」
承扶は「しょうふ」と読みます。
このツボは、お尻のすぐ下に位置し、太ももとお尻を引き締める効果があるとされています。

太ももは、人間の足の最も太い部分で、同時に、足が太いかどうかの基準となる部分でもあります。
太ももが太いこと、足首がどんなに細くても、足が太いというイメージを与えてしまいます。
太ももは、脚やせのうちで、最も重点を置きたい場所です。

「血海」
血海は「けっかい」と読みます。
血海はは血液に作用するツボで、場所は膝上の内側です。

このツボを刺激するとホルモンバランスが整い、ふくらはぎのむくみに良いとされています。
ふくらはぎのむくみは、どうしても脚が太く見える要因である為、脚やせには必須のツボでしょう。

「三陰交」
三陰交は「さんいんこう」と読みます。
場所は内側のくるぶしの上約6cmの場所にあるのツボ、内蔵によいとされています。
内蔵の機能が正常だと、ホルモン分泌が正常になってむくみも解消され、脚やせの効果が期待できます。

このツボには即効性がなく、毎日押すことで効果が徐々に表れてきmす。

「太衝」
太衝は「たいしょう」と読みます。
このツボは親指と人差し指の付け根から足首に向かって指二本分の場所にあります。

このツボの効果は、肝機能を良くする効果があります。肝機能が衰えてくると食欲も減ります。
食欲があるのはダイエットにはあまり良くない感じがしますが、食欲が無くなってしまっては、必要な栄養が取れなくなるので、代謝が衰えます。
また、肝機能の低下は、下半身のむくみの原因となるので、脚やせのツボだといえます。

「風市」
風市は「ふうし」と読みます。
このツボは脚にはなく、両腕を下に下ろして立ったときに、中指が当たる場所にあります。

風市のツボには胆汁を分泌し脂肪分解の効果があがりますので、脚やせにも効果があるツボです。
また、胃酸を抑制する効果もあり、食欲を抑えられます。
食べ過ぎを抑える事ができるのでダイエットには効果のあるツボといえるでしょう。

これらのツボを、親指と人差し指を使い、強く抑えて刺激を与えます。
これまでのツボ押しを毎日続けることによって、脚やせの効果が表れてくるでしょう。

次へリンパマッサージで細くする