太ももの水太り

太ももが太くなってしまう原因のほとんどは脂肪が原因のいわゆる脂肪太りです。
太ももダイエットを行おうとしている人の多くが脂肪太りの状態です。

ただ、実際問題として、いわゆる肥満という状態の太もも太りよりも足を太く見えるようにしてしまう状態が水太りです。

水太りは正式な医学用語ではありませんが、一般的に通用する言葉になっていますね。

その意味は、水を飲み過ぎてお腹が張って太って見えるということではありません。
新陳代謝が悪く、体内の余分な水分や老廃物が蓄積している状態です。

リンパの流れが悪くなり、老廃物と余分な水分が溜まった状況では、水太りになりやすくなります。
つまり、水太りとは新陳代謝が低下していることを意味します。

太もものイメージ水太りかどうかを確認する方法がいくつかありますが、むくみについてみてみましょう。
水太りが外見上、太って見えてしまうのは、むくみが原因となっている場合が多いのです。

人間は、誰もが寝起き直後は顔をはじめ全身がむくんでいます。
この状態がなかなか収まることなく、夕方辺りからむくみ始めるのは水太りの赤信号です。

また、脚が水太りになっている場合、だるくなることがあります。
最も簡単な判別法は、太ももを両手で押さえてみて白くなってしまい、それがなかなか元の状態に戻らない場合は、水太りになっている可能性が高いでしょう。

水太りはリンパの流れを良くすることで解決できます。
ですから、リンパマッサージが最も有効な方法です。

太ももダイエットを行う場合、リンパマッサージを中心にしていけば、効率的な太ももダイエットを行うことができるでしょう。

次へ太ももの筋肉太り