世代によって太り方が違う!

年齢によって、体のコンプレックスを感じる部位が異なります。

若い女性であれば、顔や太ももがパンパンに張ったように太りますが、20代後半以降は、顔と太ももは自然にスリムになってくる場合が多く、お腹や背中脂肪がつきやすくなりますす。

世代によって太る部位が異なるためです。
30代になっても、太ももやふくらはぎが太い原因は大抵むくみが原因です。
若い人は新陳代謝が良いので、むみにくいのです。

年齢を重ねるごとに代謝が落ちるので、太りやすくなるのです。
若い人は太ももを細くしたいと思っている人が多いので、ダイエットを必死にがんばります。

太ももにある程度脂肪があるのは仕方がないのですが、気になる人はお菓子や間食を止め、運動やストレッチをすると良いようです。
運動している女性は、ダイエットをしなくても、運動でカロリーを消費します。
また太ももが太い原因は筋肉が原因の場合もあるので、その場合は運動を控えないと太ももは細くなりません。

一方、20代後半から太ももダイエットを開始するには、むくみが原因である場合が多いため、塩分やアルコールを控えて摂取カロリーを減らす事です。
そしてストレッチも有効でいいですが、リンパマッサージを行うと効果があります。
代謝の低下によってとリンパの流れが停滞しがちになります。

お風呂で温まった後にリンパマッサージを行うと、太ももやふくらはぎが細くなったという人がかなりいるので、あなたも挑戦してみましょう。

次へ太ももダイエットと靴の重要性