サイクリングのダイエット効果

ウォーキングと同様に太ももをはじめとする下半身ダイエットに効果的な有酸素運動が「サイクリング」です。

サイクリングのイメージ自転車漕ぐことにより、下半身が鍛えられますが、さらにふくらはぎに効果的で、ふくらはぎから足首にかけて締まった美しい足になります。

また、自転車のハンドルを操作するために上体の動きも同時にあって、全身運動になり、下半身だけでなく全身のダイエットにも効果があります。

継続的に行う有酸素運動で、足を中心にして行うサイクリングは素晴らしい方法です。
トレーニングジムの中で漕ぐ自転車ではなく、外に出て景色を見ながら走れば気分転換にもなりますし、漕ぐスピードや、力の入れ方など、トレーニングジムでは再現できないランダムな動きになるので、飽きることもなく、他の楽しみも見つける事ができるでしょう。

自転車を漕ぐと、太ももやふくらはぎの筋肉が太くなると心配する方もいますが、そんなことはありません。
毎日数時間もかけて運動選手の練習のように続けると、筋肉で盛り上がった太い足になりますが、普通の人が1時間こいでもそうはなりませんから心配無用です。

適度な運動によって、適度な筋肉がつくことによって、脂肪燃焼が促進され、太ももをはじめとする下半身全体がスッキリ細くなります。
サイクリングとして本格的に行わなくても、近所への買い物、通勤や通学に自転車を使用すれば無理なく続けやすくなります。

最初は、いきなり長距離を走るのではなく、無理のない距離からはじめることも重要です。
はりきりすぎて、数キロも走ってしまうと、燃え尽き症候群のようになってしまいます。
さらに翌日は筋肉痛になって自転車から遠ざかってしまうかもしれません。

まずは、近所をぐるっと走ってみる事から始めてみましょう。

次へ太ももを細くする目的って何?