アロマバスで細くする

アロマバスというのは浴室にてアロマの香りを楽しむことで、アロマ成分を含んでいるお湯につかる入浴方法で、通常、お湯にアロマオイルを数滴落としてから浴槽につかります。

アロマバスのイメージこのアロマバスの利点は、全身をくまなくリラックスできる事であり、実際に塗りこむ方法に比べて、体の広い範囲に効果を期待できます。

ただ、本当に細くなるのか疑問に思う方もいるでしょう。
実際には体全体に塗るより脚に集中して塗ったほうが効果が期待できるという考えもできます。
理論上は確かにそう考える方が普通でしょう。

ですが、脚の事だけを集中的に考えてもうまくいきません。
脚を集中的にマッサージするのはもちろんですが、マッサージする前の工程も大切なのです。

アロマバスは全身の血行がよくなり、非常に高いリラクゼーション効果が得られます。
これによって、脚の血行がよくなります。血液やリンパは全身を巡っていますので、体の一部だけ血行やリンパの流れが良かったとしても、良い影響は期待できません。

脚を細くするには体全身を健康な状態に保っておく必要があります。
それができてこそ、アロマバスの効果が発揮されるのです。

アロマバスは非常に有効な方法ですが、長い時間お湯につかっていると、どうしてものぼせてしまい、長くつかる事が苦手な方もいるでしょう。

お湯につかる事は健康に良いですが、あまりにも長い時間お湯につかる事は健康上あまりお勧めできません。

ぜひともお勧めしたい足湯

足湯のイメージ長い時間お湯につかる事が苦手な方には足湯がお勧めです。

足湯は通常より少し熱めのお湯(40~43度程度)を洗面器に注ぎ、アロマオイルを1~2滴垂らします。

そして、その中に足を入れ、しばらくの間(15 分~30分)そのままにします。

足湯をうまく行うコツは、お湯を冷まさないようにすることです。
冬場などの寒い時期はすぐにお湯の温度が低下するため、こまめにお湯を取り換えるか、継ぎ足すことをお勧めします。

足湯の最中は脚を冷やさない事が大切ですから、冷めたお湯を全量変えるより少し熱めのお湯を足していく方が良いでしょう。

足湯の良い所は、全身でつかっている時よりも温度を上げても耐えられるので、効果が期待できると同時に、アロマオイルも節約できます。

足湯の間は読書や音楽が聴けるので継続しやすく、かなり効果的な方法だといえるでしょう。

次へアロママッサージで細くする