足を細くしたければ靴には気を使いましょう

昔から足を細くする方法としてハイヒールを履くというものがあります。

ハイヒールのイメージ実際に細くする為にハイヒールを履き続けている人もいるそうですが、これは誤った方法です。

ハイヒールを履いている場合は、常に足が緊張の状態を保つ事で脚を細くすることができる方法があると思われているようですが、その考えは間違いです。

本当に足を細くしたいならしっかりと足の裏をつけて歩くことが重要です。
ハイヒールを履いていると、しっかりと歩く事ができません。しっかりとかかとも着きませんし、つま先で蹴る事もできません。

そういう歩き方をすると、ふくらはぎの筋肉がしっかりと働かない為、血液を体内に送り出す事ができずにリンパの流れも悪くなり、老廃物や不要な水分がたまりやすくなって、むくみの原因になります。

では、どのような靴が向いているのかというと、ヒールの高さ2~3cm程度で、かかと部分がしっかりしていてきちんとかかとから着地して歩けるものがよいでしょう。

ピンヒールなどのように、かかとの部分が細くなると安定して地面を蹴って歩けないのでお勧めできません。
他にも、靴幅が細い場合は骨盤にも悪影響があり、歪んでしまう事もあるそうです。
体重をかけてしっかりとまっすぐに歩くことができる靴を選びましょう。

歩く場合のコツとして、若干、内側に体重をかけて歩くようにし、外側に体重がかかる場合、靴の外側がすり減ってしまい、体重が外側にかかって骨盤の歪みにつながります。
ヒールの高さが2cm程度の靴を履いてみて、しっかり体重をかけてまっすぐ歩ける靴を選ぶようにしましょう。

また、見た目をそんなに気にしなければ、通学や通勤時はスニーカーを履くというもの良い方法です。会社や学校に着いたら、前に説明した靴(2cmヒール)に履きかえればよいのです。

次へ豆知識・その他