太ももをストレッチして血行促進し、リンパの流れを良くする

職業上、非常に足が疲れやすい時期はないですか?
また、毎日足が非常に疲れやすいという人もたくさんいるでしょう。

足が疲れやすい、足が痛くなる等のストレスは本当に嫌なものです。
足が疲れると身体全身が疲れてしまいます。

足の疲れはその日の内で取れなければ、次の日も残ってしまいます。
特に生理の前の女性のからだは非常にむくみやすくなっていて、太ももやふくらはぎが普段より太くなっている場合が多いです。
ダイエットをしていても生理の前はどういうわけか体重が数キロ増えています。

そのような時は、一時的にモチベーションが落ちてしまいますが、くじけずにストレッチをしてみましよう。
足の疲れにはストレッチが効果的で、血行を促進することによってむくみを抑えることができます。

疲労の原因は疲労物質である乳酸が原因で、乳酸がたまってしまうと、むくみなどが起きてしまいます。
足の疲れとダイエットは関係ないように感じますが、そうではありません。

疲労で張ってしまった太ももやふくらはぎは放っておけば太くなる一方です。
疲労をため込むことは、太ももやふくらはぎを太くする大きな原因です。
生理の前のむくみは仕方ありませんが、普段の生活でむくみができた場合はその日の内に解消することが太ももダイエットの秘訣です。

また、股関節に柔軟性がない人は痩せ難いと聞いたことがあります。
そういう人にはストレッチがお勧めです。 ストレッチは筋肉を伸ばして血液の流れを良くします。
ストレッチのメリットは、何といっても自宅で簡単にいつでもできてしまいます
例えば、寝ている時には足をクロスさせて、太ももの外側を伸ばすことによって太もものストレッチになります。

また、仰向けに寝て片方の足を曲げれば太ももの前の部分がストレッチできます。
軽くストレッチを何分か行っただけでも足が温かくなってくるのが分かります。
特に仕事で疲れている時にはストレッチをして眠れば、次の日は疲労がなくなっているのでお勧めです。

そして冷えを解消するので、太ももが冷たくなって太くなっている人は太ももダイエットの一環としてストレッチをしてみるのも良いですよ。
脚を大きく広げて股関節を伸ばせば、リンパの流れも良くなり、身体が柔軟になればダイエット効果が出やすいので、身体が硬い人はストレッチを継続して行い、太ももダイエットの効果を出やすくしましよう。

また、ストレッチも重要なのですが、太ももと直接つながっている骨盤がしっかりしていないと太ももダイエットの成功は厳しいでしょう。
何故なら太ももと骨盤はセットで考える必要があるからです。

次へ大敵はむくみと運動不足